今、その場面をUSTREAM(ユーストリーム)で生中継!

2010年5月

新品種「エコ2キャロット」プレス発表会をUSTREAM(ユーストリーム)配信しました。

2010年5月27日

エコ2キャロット - eco2carrot新品種「エコ2キャロット」プレス発表会をUSTREAM(ユーストリーム)配信しました。

http://www.ustream.tv/recorded/7238039

配信日時:2010年5月27日 14:00 – 15:00
場所:JA東京むさし 三鷹経済センター 管内 伊藤部会長現地圃場

『INDY JAPAN 300 mile 記者発表会』をUstream中継しました!

2010年5月10日

本日、「INDY JAPAN 300 mile 記者発表会」をUS-Racingさんの依頼でUstream配信をお手伝いしました。
2010年5月10日 13:30 – 14:30 ホンダ本社(南青山)1Fショールーム ウエルカムプラザ貸切。

会場は結構な人数。周りを見る余裕があまりなかったが300名~400名くらい?。TVカメラも複数台入り、大きなイベント。

武藤英紀と佐藤琢磨がゲスト参加。途中佐藤さんのコメントに対して、武藤さんが「ルーキーにはよくあること」といって会場に笑いが巻き起こるなど、終始よい雰囲気。
↑ クリックすると実際の配信と同じカメラで撮影した動画が流れます (続きを読む…)

ケーブルの長さによる減衰の影響:LANケーブル、RCAケーブル

2010年5月6日

USTREAM(ユーストリーム)で配信する際に、配信用PCと会場の音響(PA)卓やLANコンセントが離れており、各種ケーブルを延ばさなくてはいけない場合があると思います。

この場合、どれくらいの長さまで大丈夫なのか、減衰が起こるのかどうかが気になるところかと思います。

当方で以下のものを用いてUSTREAM(ユーストリーム)配信を行い、特に感知できるような減衰等の影響は見られていないので報告しておきます。
・LANケーブル:50メートル
・RCAケーブル(AVケーブル:いわゆる赤白):30メートル

ただし、伸ばす場合、環境によっては様々な影響がでてくることもありえるかと思いますので、ご参考まででお願いいたします。例えば、RCAケーブルの側に、電源コードなどがあったりするとノイズの原因にはなりえるなど。

また養生テープは必須です。養生テープは粘着力が弱めなのが特徴です。

USTREAM(ユーストリーム)配信時の熱対策について

2010年5月6日

USTREAM(ユーストリーム)で、長時間連続して配信する際に、特に注意すべき点の一つとして、PC(パソコン)の熱対策があります。

USTREAMの配信は、PC内で動画をエンコーディングするため、CPUの負荷が相当高くなり、PCが熱を持ちやすくなります。

PCが熱を持ちすぎると、いわゆる熱暴走が起こる原因となり、PCの動きが遅くなったり、最悪固まったり止まったりします。当然USTREAM(ユーストリーム)の配信にも支障をきたしたり、配信を止めざるをえなくなることもあります。

特にノートパソコンは要注意です。

これを防ぐためには、例えばノートPC用冷却クーラー、例 http://amzn.to/dBnpm2 などをノートパソコンの下に置くのは必須と思います。
私は上記を使っており効果はありますが、より万全を期すために、これよりもよい性能のものや他の冷却用機材との組みあわせを日々検討しています。